生後2ヶ月半ごろ 初めての皮膚科 その1

夫と相談した末、一緒に近隣の病院へ息子を連れて行くことになりました。
夫はどちらかというと、早く病院へ連れて行きたがっていました。
義母のあの一言が、夫にとっては大きかったようにも見えました。

午前中に着くと、待合室には人がいっぱい。とっても混んでいました。
評判の良い小さな病院といったところでしょうか。
しかし待合室には、赤ちゃん用の設備などが何もありませんでした。トホホ。

どうやら2~3時間待ちは当たり前のようで、受付をしてから一度自宅に戻る人もいるようでした。
結局そのまま、夫と交代で息子を抱きながら2時間ほど待ちました。
まだ首が座っていなかったのと、抱っこ紐も持っていなかったのもあり、ずっと横抱きしていました。
もうすぐ診てもらえる… きっとよくなる…
待ち時間はくたびれたけれど、診察に期待する気持ちも大きくなっていきました。

そしてようやく名前を呼ばれ、診察室へと向かいました。
中に入ると個別にベッドが用意されていて、それをカーテンで仕切られた空間になっていました。

【診察前の聞き取り】
最初に看護師さんが診察前の聞き取りに来てくれました。
息子の肌の、今までの経過などを聞いてくれました。
とても丁寧に聞き取りメモを取ってくれたので、「やっぱり来て良かったな」と思いました。
話を聞いてもらえただけでも、気持ちが楽になったのです。

聞き取りが終わると、息子を裸にするように言われました。
病院が暖かったのに加えて、ちょっと眠たそうにしていた息子。
そのうち自分の手で顔を擦り始めました。
この頃から、息子の手が微かに顔に届くようになっていたのです。
爪は短く切ってありましたが、グーの手で顔を擦るだけでも、すぐに顔が赤くなってしまいます。
「ちょっとだけ我慢してね。」と言って息子の手を押さえる私。
それに抵抗するように、顔を振りながら足をバタバタさせる息子。

「帰りに手袋を買いに行こう。」
そう考えているうちに順番が来て、カーテンの中に先生が入ってきました。
あまり威圧感のない、スラッとした先生でした。


(つづきます。)
関連記事

テーマ : アレルギー・アトピー
ジャンル : 育児

コメントの投稿

Secre

最新記事
カテゴリ
ブログランキング

わらん

Author:わらん
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
  

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター
QRコード
QR
RSSリンクの表示