スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生後2ヶ月

【環境etc補足】
この頃の夫は残業続きで、終電で帰ってくることも多かったです。
自宅の暖房はオイルヒーターとエアコンを使いわけていました。
部屋が乾燥していたので、加湿器を購入。ほぼ常時つけていました。

【お宮参り】
生後2ヶ月を過ぎた頃、すっかり遅くなってしまったのですが
地元の神社へお宮参りへ行くことになりました。

自宅に、義母&義母の母…つまり息子のひいおばあちゃんが来ることになりました。
二人とも息子に会うのをとても楽しみにしてくれていて。
でも私は、息子の湿疹を見て二人がビックリしてしまうんじゃないかと、
ちょっと憂鬱でした。^^;

到着後、二人とも息子をとっても可愛がってくれました。
息子も「アーウゥー」と声を出して喜んでいました。
湿疹はやっぱり目立ったようで、心配してくれました。
義母には「病院に行ってきたほうがいいかもね」と言われました。
おばあちゃんは「よくあることだからね」と意外とアッサリ(?)していました。

夫が赤ちゃんの頃も同じように乳児湿疹が出たようですが、
頬っぺたの一部、口周りだけだったようで。
息子は顔全体が赤く腫れているようにも見えましたから、
義母から見ても、ちょっと心配なレベルだったのでしょう。

「まぁかわいそうに!」というような直球タイプの反応はされなかったので、
ちょっとホッとしました。^^;
でも、とうとう病院に行くことになるのか… と再び憂鬱な気分に。
この時の私は、赤ちゃんと一緒に病院に行くのは未知の世界で、腰が重たかったのです。
待ち時間はどれくらい? 授乳室はあるの? オムツ替えは? 
様子見でいいじゃん… でも、やっぱり行ったほうが息子のためなのかな…

お宮参りも無事に済み、二人は帰ってゆきました。
帰路の途中に虹が出たようで、写メを送ってくれました。ワンダホーでした。
そして私は、ネットで皮膚科の病院を探すことにしたのでした。

0歳耳切れ

【息子】
上の写真は、耳切れをアップにしたものです。ただれています。
写真では隠れてしまっていますが、アゴの湿疹が酷くなり始めました。
太ってきたのもあり、場所的にも肌と衣服が擦れ合ってしまいました。
もしかしたら汗が刺激になっていたのかもしれません。

顔からオデコ、オデコから頭に、脂漏性湿疹と思われるものが広がり出しました。
髪の毛も抜けはじめ、少しずつ毛が薄くなっていきました。

いつの間にか両肩がザラザラになっていました。
衣服擦れ? 床ずれ? よくわかりませんでした。
触ると、すごく乾燥しているように感じました。

【今思うこと】
今も昔も乳児湿疹はあって、自然に治っていく赤ちゃんも沢山いたのだと思います。
過去に息子のような子を見た経験があり、それが自然に治っていく様を知っている人がいたら、
「自然に治るから大丈夫」と言うかもしれません。
逆に見たことがない人は、不安に感じるでしょう。
見たことがないもの → 得体が知れないもの → 怖いもの で、
怖いから病院へ行く。専門家に判断してもらう。ごくごく普通のことだと思います。

乳児湿疹の原因が何だったのか、正確な答えをいまだに私は知りません。

コレが原因かも、アレが原因かも… 考え出したらきりがなくて。
でも、今になって私は思うんです。
怖いからアレ駄目コレ駄目って想うのと、
こうしたい、ああなりたいからアレしようコレしようって想うのと、
どっちが楽しく日々を過ごせるのかなって。

赤ちゃんに一番に目を向け、心を寄せている存在。
元気な赤ちゃんでいてほしいと、暖かな気持ちで包み込む存在。
どうか、その人の「直感」と「直観」を大切にしてくださいね。
必ず助けになるはずです。
関連記事

テーマ : アレルギー・アトピー
ジャンル : 育児

コメントの投稿

Secre

最新記事
カテゴリ
ブログランキング

わらん

Author:わらん
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
  

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。