スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亜鉛化軟膏湿布 チュビファースト

(前回「生後6ヶ月後期 また別の皮膚科へ」のつづきです。)

【亜鉛化軟膏湿布】
家でさっそくリント布に亜鉛化軟膏を塗りたくり、亜鉛化軟膏湿布を作って息子に貼ってみました。
ステロイドは、その時は使いませんでした。

湿布は肌用の専用テープで固定したり、ふくらはぎなどは湿布の上から包帯を巻いて固定したりもしましたが、
息子が何度も掻くうちに取れてしまうことが多かったです。
必死に掻こうとする姿を見て、かわいそうになりました。

アズノールを塗ったときよりも、痒がっていた気がします。
亜鉛化軟膏だけじゃなく、テープも痒みの原因だったのかもしれません。
それでも亜鉛化軟膏の効き目を確かめたかったので、息子にはちょっと我慢してもらいました。

数時間経った頃でしょうか。湿布をはがしてみました。
すると、プツプツ出ていた汁が湿布に吸い取られたかのように、湿布には黄色いポツポツが。
アトピー部分には白い亜鉛化軟膏が残り、肌が少し乾いているように見えました。

(その後の経過などは、生後7ヶ月の記事でアップしたいと思います。)

【チュビファースト】
あまりに湿布がはがれやすく、包帯の巻き加減も難しいと感じたため、
チュビファーストという筒型で伸縮性のある包帯のようなものを、ネット通販で購入することにしました。

だいぶお世話になりましたが、ほつれる…。いやもうホントほつれます。
何度も使おうと洗濯をすればするほど、糸がピーッと出てきちゃうのです。^^;

夏でしたから上から靴下を履かせるのもどうかと思い、私はもう割り切って気にせず使っていました。^^;
ほつれたらチョキン。ほつれたらチョキン。
ほつれ止めの方法が、どこかで考案されていた記憶があります。

包帯ほどではないですが、掻けばやっぱりズレて取れてきてしまいます。
掻かないようになるべく気を引いて遊び疲れさせて、寝かし付けにかかる時間を短く済ませることも理想的パターンでした。

寝付く前が一番痒そうで、次に痒そうなのが夜中に目を覚ました時でした。
朝起きた時に痒がることは、あまりなかった気がします。
関連記事

テーマ : アレルギー・アトピー
ジャンル : 育児

コメントの投稿

Secre

最新記事
カテゴリ
ブログランキング

わらん

Author:わらん
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
  

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。