スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生後5ヶ月 検査結果

息子が生後5ヶ月の後期に、アレルギーの採血検査をしました。
離乳食を始めるために、念のため受けることにしたのです。

息子がアレルギー体質であることは確かだろうということで、
アナフィラキシーショックを恐れた私は、なかなか離乳食に踏み切れないでいました。
検査をして問題がなさそうなら、安心して離乳食をあげることができる… 
私はそう考えていたのです。

そんな私に対し、小児科の先生は「お母さんが気になるならやってみては」というくらいで、
そこまで必要性は感じていないようでした。

先生からの勧めで、牛乳、卵白、小麦、米、大豆 の5品目を、検査することになりました。

採血スペースで息子はバスタオルで巻かれ、動けない状態になりました。
自分が抱っこした状態で採血するものだと思っていた私。急に不安になりました。

採血の間、私は外の待合席で待つように言われました。
しばらくして、息子の異常な… 聞いたことのないような泣き声が、辺りに響き渡りました。
私はこの時、表には出しませんでしたが、心はプチパニック状態になってしまいました。

自分の安心感と引き換えに、息子に最大の恐怖を与えてしまったのではないか。
「早く終わって…」「ごめん、ごめん、ごめんね…」
採血。たったそれだけのことなのに、それだけじゃなかったのかもしれない。
この日から息子は、大の病院嫌いになってしまいました。
(3歳前には、落ち着きましたが。^^;)

後日もらった結果は、↓こちらの写真の通りです。(L:以下)
かなりシンプルな検査報告書でした。

検査結果

小児科の先生からは、この結果だと特に制限する必要はなく、様子を見ながら離乳食を食べさせるように言われました。

母乳9:ミルク1でしたが、ミルクはそのまま与えることにしました。
卵は、とりあえずまだ食べさせないことにしました。
私の食事からは、できるだけ卵を除去するようにしました。

母乳を通じた食べ物にアレルギー反応を起こしているわけではなさそう…?

この検査結果を受け取り、離乳食を進められるとホッとする気持ちを持ちましたが、ますます湿疹の原因が分からなくなったのも確かでした。
この頃の私は、湿疹の原因を特定したくてたまらなかったのです。
関連記事

テーマ : アレルギー・アトピー
ジャンル : 育児

コメントの投稿

Secre

最新記事
カテゴリ
ブログランキング

わらん

Author:わらん
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
  

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。