スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手袋 薬 消えた湿疹 

【手袋】
西〇屋で売っていた、一組300円くらいの手袋をいくつか購入しました。
親指部分だけが指入れになった、袋型の手袋です。

色々買って試しましたが、一番役に立ったのは、手首のゴムが強めのものでした。
白くて無地で、パッケージに赤ちゃんのイラストが入っていた商品だったような…

よくある普通の赤ちゃん用の手袋だと、手首のゴムが結構緩めなので、
息子が顔を擦りだすと自然と取れてしまうのです。

とにかくすぐ汚れてしまうので、すぐ取り替えることになります。
ウチは、安価で数を揃えられる物を選びました。
ネット通販などでアトピー用の手袋も売っているようですが、
結構お高い商品だったような気がします。^^;
「ドクターミトンかゆいっこ」という手袋も試してみたかったのですが、結局購入しませんでした。

【息子】
病院の指示通りに薬を塗ると、息子の顔から少しずつ湿疹が消えてゆきました。
顔も、ほとんど掻かなくなりました。
「こんなに早く治るんだったら、もっと早く病院に連れていけば良かった。」
「今まで我慢させちゃってゴメンね。」
ツルツルになった顔を見ながら、私はこんな風に思ったのでした。

お風呂上がりに薬を塗るのには、相変わらず手間どっていました。
慣れると少しは手早く出来るようになりますが、

湿疹の様子を診る → 塗る薬を決める → 塗る

の作業が、意外としんどかった記憶があります。
夫がいる時は手伝ってもらえたので助かりましたが…

お風呂に入れる。薬を塗る。着替えさせる。
書けばたったこれだけのことなのに、当時は育児疲れもあってテンションも低かったです。

でも、息子の寝付きが格段に早くなりました。
眠くなってくると痒みが増すように見えた息子。
痒みで眠りたくてもなかなか眠れなかったのかもしれません。
もしかして副作用かな… とも思いましたが、私はとりあえずホッとしました。
寝かし付けに、だいぶ時間が掛かっていたので、育児が楽になったことは確かでした。

あまりにツルツルになったので、薬を使う量もなんとなく減らしました。
勝手に使うのをやめてはいけないけど、減らすなら差し支えないだろうと思ったのです。

そして、初診から3日後、再び病院へ向かったのでした。
関連記事

テーマ : アレルギー・アトピー
ジャンル : 育児

コメントの投稿

Secre

最新記事
カテゴリ
ブログランキング

わらん

Author:わらん
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
  

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。