スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生後2ヶ月半ごろ お薬手帳

それでは、お薬手帳を書き写してみます。

【頭】
①ウレパールローション10% 
  頭・弱 1日2~3回 カサカサした皮膚の塗り薬

②キンダロンローション0.05%  
  頭・中 1日2~3回 湿疹・かぶれの塗り薬 弱めのステロイド剤

③リドメックスローション0.3%
  頭・強 1日2~3回 湿疹・かぶれの塗り薬 中程度のステロイド剤
  
【顔】
④ロコイド軟膏0.1% 
  顔・中 1日2~3回 湿疹・かぶれの薬 弱めのステロイド剤 
       +
 親水軟膏
  皮膚保護剤
※混合剤。ロコイドと親水軟膏が、一つに混ぜてありました。

⑤リンデロン-VG軟0.12%
  顔・強 1日2~3回 湿疹・かぶれの塗り薬 中程度のステロイド剤
  じゅくついた時のみ
  
【体】
⑥アルメタ軟膏0.1% 
  体・強 1日2~3回 湿疹・かぶれの軟膏 皮膚の炎症を改善する 中程度のステロイド剤
       +
 ヒルドイド 
  血行をよくする塗り薬 痛み炎症を和らげる
  皮膚のひきつりを改善する 皮膚のガサガサを改善する
※混合剤。アルメタとヒルドイドが、一つに混ぜてありました。
  
  
【保湿剤】
⑦プロペト
  顔・体・弱 1日2~3回 ワセリン 皮膚を保護する軟膏
  
⑧ヒルドイドソフト
  体・弱 1日2~3回 皮膚保護剤 血行をよくする薬 皮膚のひきつりを改善する
  

ここで出されたステロイド剤。
病院からの「弱中強」と、薬局からの「弱め」「中程度」という表現。
同じ薬なのに、別の表現がされている。ちょっと解りづらかったです。
後で知ったのですが、本当は

 ロコイド → Ⅳ群 medium (中程度)
 リンデロン-VG → Ⅲ群 strong (強力)
  
のように、ステロイド剤は5段階にランク分けされているようでして。
つまり、例えばリンデロン-VGという薬は、

・病院からは「強」扱い
・薬局からは「中程度のステロイド剤」扱い
・よくよく調べると「強力」というランクに分類されている薬

と表現されるわけです。^^;
何だこりゃ。わかりづらっ! 

【今思うこと】
うーん、初診から何種類も薬が出されていたんですね。
お薬手帳を見返してみて、改めてビックリしました。
この頃は「こんなに薬が出ちゃうなんて、それだけひどいってことなんだろうなぁ。」くらいの気持ちでしたが、
今となっては「ほんとにほんっと~~~に、こんなに薬を出す必要があったのかなぁ。」という気持ちです。

あと、何が大変だったかって、息子に塗るのが大変だったんですよ。
特にお風呂上がり。
早くしないと冷えちゃうわ、息子はよく動くわコシコシ顔を擦り出すわで…。


次回は、薬を塗り始めてからの息子の様子を書いてみます。
関連記事

テーマ : アレルギー・アトピー
ジャンル : 育児

コメントの投稿

Secre

最新記事
カテゴリ
ブログランキング

わらん

Author:わらん
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
  

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。