スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生後2ヶ月半ごろ 初めての皮膚科 その3

【薬】
看護師さんが何種類か薬の載っているトレーを持ってやってきました。
「お薬は、顔用、からだ用、それぞれ弱中強とあります。」
「それと保湿剤です。」
「湿疹の状態を見ながら塗り分けてください。」

薬のチューブや容器には、「顔・弱」や「からだ・中」といったようなシールが付いていました。
「こんな風にカサカサしたところには、この保湿剤を塗ってください。お風呂上がりにも…」
「このくらいの湿疹には、からだ・中を使ってください。」
「お顔のジュクジュクしたところには、顔・強を使ってください。」
などと説明しながら、手慣れた様子でペタペタ薬を塗っていきました。

「毎回きちんと塗ってください。薬を使うのを勝手にやめないでくださいね。」
「できるだけ薄く薄く塗ります。」
「じゃぁお母さんも、やってみてもらえますか… そうそう、そんな感じで…」

看護師さんから塗り薬の使い方を軽くレクチャーされ、今回の診察は終了しました。

この時、ステロイドの効果、ステロイドの副作用については、一切説明されませんでした。
(このことが後々、私の不信感を大きくしてゆきます。)

お会計が終わり、薬を買いに病院に隣接した薬局へ。
薬は夫が買いに行ってくれました。
私は息子と一緒に車で待機。オッパイをあげていました。
「やっと終わったね~ がんばったね~」 ← 息子に言っているようで自分に言っているという…^^;
オッパイをあげると、息子は眠ってしまいました。

薬を受け取る時、薬剤師さんに
「ステロイドは薄く塗ってください。」
「ステロイドは指示通りに塗ってください。」と念押しされたようです。

指示通り? 塗る回数を守れってことかな?
直接聞いたわけではないのもあり、ちょっとピンとこなかった私。
それは夫も同じなようでした。
それよりも、なぜステロイドだけ特別扱い? と、ちょっと気になりました。

先生が息子を診てくれたこと。
症状を判断して、それに合わせて薬を処方してくれたこと。
私が息子にその薬を塗るには、充分な理由でした。
この時の私には、アトピー治療に処方される薬についての知識が、
全くと言っていいほどありませんでした。

【今思うこと】
病院選び。聞くと行くとじゃ大違いですね。^^;
私がこの病院を選んだ理由は、身内や知り合いからの評判が良かったからでした。
そのほかにも、確認したほうが良い条件があると思います。

・予約システム
・赤ちゃん用の設備 (ベビーベッド、授乳室、オムツ台の有無など)

これは、意外と大事なポイントかもしれません。
乳児連れで予約のできない病院… 想像以上に大変でした。

次回は、処方された薬を書き出してみます。
関連記事

テーマ : アレルギー・アトピー
ジャンル : 育児

コメントの投稿

Secre

最新記事
カテゴリ
ブログランキング

わらん

Author:わらん
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
  

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。