スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生後9ヶ月 担当医師

チェックしてくれていた方、ごめんなさい。そして、ありがとうございます。
自分でもよくわからないうちに、このブログを書くことでで何かを消耗していたようです。
実際にブログを始めてから感じることも沢山ありました。

コメント欄もメールアドレスも無いようなブログですから、
私に対する意見や気持ちの吐き出しどころがなく、ご迷惑をお掛けしているかもしれません。
いっそのこと消してしまおうかと思ったのですが、もう少しだけ書かせてください。

以下は、息子のアトピーを病院に診せに行くのも残り数回となる頃の話です。


【予想外】
いざ紹介状を持って某医療センターへ。

皮膚科の受付を済ませ、エレベーターで皮膚科のある階へと到着。
ふと壁に目をやると、曜日別の担当医師を記した掲示物と、退職した医師からのメッセージが記された掲示物が。

(これは一体…?)

しかも、その「退職した医師」は、一人ではありませんでした。

そして、病院のホームページに載っていた医師の名前が、担当医師を記した掲示物の中にありません。

驚きながらも、その日の担当医の名前を確認しました。
目に入ってきた名前。それは、市内の個人病院名としても見覚えのある名前でした。

(ま、まさか… 今日は個人病院の先生が派遣されている…??)

嫌な予感は的中。
ホームページの情報と、実際の現場の情報。その違い。
そこまで気が回らなかった自分に対するショックと、病院に裏切られた気持ち。
いろいろな期待や願い、イメージや妄想が、ここで簡単に崩れ去りました。

紹介状を受け取ってまで来たこの病院。
なのに診てくれるのは、紹介状なんか貰わなくても診てもらうことが可能な医師だなんて。

※この時は名前しか共通点がないし… ということで半信半疑だったのですが、
帰宅後に調べたところ、フルネームと顔写真が一致することから、
市内の個人病院の医師でもあることがハッキリと確認できました。

(・・・・・・。)

しかし来たからには、気持ちを切り替えて診てもらうしかありません。
医師はともかく、設備だってきっと格上のはず。
何か一つでも、息子のアトピーを解決するためのヒントが得られれば。

2時間近く待ったでしょうか。
名前を呼ばれて診察室に入ると、そこには女の先生が一人椅子に座っていました。

----------------------------------------------------------------------------

ちょっとここから、記憶がかなり曖昧でして、上手く語れる自信がありません。

先生も私も少し感情的になってしまったことも、一因なのかもしれません。

人間不思議なもので、自分が相手に話したことはよく覚えていなかったりするのに、
相手に言われてカチン!ときたことのほうは、意外と覚えていたりするんですよね…。

というわけで、先生に言われたことのほうが詳しく書けます。^^;
会話なので、100%そのまんまではありません。イメージ重視で書きました。


【診察室で言われたこと】
(「ステロイドについての情報は、インターネットでも得た」と言う私に対し、)

・インターネットだか何だか知らないが、どこの誰が言ったかも分からないようなことを、
この場で議論する時間もないし、私(先生)は議論する気もない。

・ステロイドを使うのが標準治療。それ以外は対応できない。


(「ステロイドを使っていって、何歳頃に治るのか?」と問う私に対し、)

・早くて小学校高学年。もっと長い間通院している子は、私の病院にも沢山いる。

・毎週のように、みんな通っている。


(ステロイドの副作用について問う私に対し、)

・プロトピックがどうのこうの… 

       → 「プロトピック」という単語が出ただけで頭にスーッと冷たい空気が流れた当時の私。
       → この先生は、プロトピックも処方している先生のようでした。


(「アレルギー検査はしてもらえないのですか?」と問う私に対し、)

・検査? やりたいならやってみますか? でも、なんちゃらかんちゃら… 
      
       → とても面倒臭そうに言われたので、なんだかもうどうでもよくなった当時の私。
       → 血液検査はもちろん、顕微鏡検査(?)などを提案されることを期待していました。
       

(「抗生物質は出してもらえないのですか?」 と問う私に対し、)

・どうかな~。とりあえず使ってみますか? 別に使ってもいいと思いますし。

       → 私が言わなければ抗生物質製剤を出されないままだったのか、いまだに謎です。
       
----------------------------------------------------------------------------

【処置】
私にも迷って悩んで、この病院へ辿り着くまでの経緯がありましたので、
診察室では上記のような微妙な空気になってしまいましたが、
大人しく(?)息子のアトピーにステロイドを塗ってもらうことにしました。
別の部屋に案内され、看護師さんにロコイド軟膏を薄く塗ってもらいました。
その上から、亜鉛化軟膏湿布。
亜鉛化軟膏湿布については、この先生も支持していたということでしょうか。

受け取った処方箋を見ると、見慣れないお薬の名前が二つ。

  混合薬 フォロモックス小児用細粒100mg ビオフェルミンR
 
  セルテクトドライシロップ2%

混合薬は、抗生物質製剤と整腸剤を合わせたもののようでした。
セルテクトドライシロップは、飲むアレルギー用のお薬のようでした。



(次回は息子に薬を飲ませた後について書きたいと思います。)
スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー
ジャンル : 育児

生後9ヶ月 薬と副作用 その1

お、お、お待たせしました…。orz

記事を書き溜めしましたので、少しずつアップしていきたいと思います。
ブログ村のバナーを応援クリックしてくれた方も、ありがとうございました!
そうじゃなくてたまたま押してもらえただけかもしれませんが、嬉しかったです。T-T


私は、アトピーに関する情報と実体験との擦り合わせは必要なものであると確信しています。
このブログも「わらんの息子の母親として」という条件付きで語っているに過ぎません。
思い込みも多い人間です。

それから私は「自己責任」という言葉は必要ないと思っています。
それは『自分を省みることであり人を責める言葉ではない』と、誰かに言われたことがあります。
本当にその通りだと思います。


(前回のつづき)

【息子のアトピーの様子】

病院でロコイド軟膏(ステロイド剤)+亜鉛化軟膏湿布を施された息子。
さすがに効く… というべきか、家に着く頃には、見た目アトピーは少し抑えこまれたように見えました。
その後ステロイドは続けて塗らなかったと思います。

私に「ステロイドはできるだけ使いたくない」という気持ちは相変わらずありました。
塗ればキレイになるのは解っていたのですが、「抑えこむ」というイメージも強く。
きれいさっぱり消えてなくなるわけではない、アトピーが体の奥に隠れるだけ… というのは、
息子にステロイドを塗って経過を見た上でも、感じたことでもあります。

亜鉛化軟膏は、ジクジクがひどい時などに使っていました。
見た目は少し良くなるものの、息子が痒がるので、使ったり使わなかったり… でした。
息子の掻きむしる力も強くなり、貼ってもすぐに亜鉛化軟膏湿布が取れてしまうことが増えました。
そのため、起きている時ではなく、寝ている時に使うことが多かったです。


【処方された飲み薬】

・フロモックス小児用細粒 + ビオフェルミンR

 「細菌の細胞壁合成を阻害することにより抗菌作用を示します。」とのこと。
 抗生物質ということもあり、こちらは 1日3回×7日分 きっちり飲ませました。


・セルテクトドライシロップ2%

 「アレルギー症状を消失もしくは和らげます」とのこと。
 息子にとっては、アレルギー用に出された初めての飲み薬になります。
 
 こちらは 1日2回×7日分 こちらは、全部は飲ませませんでした。
 セルテクトドライシロップを飲ませるのを途中で止めた理由は、薬の副作用を感じたからです。

(この時点では、どちらの薬に副作用があるのかまでは分かりませんでした。)


【飲み薬の副作用?】

薬を飲ませると、息子の様子が少しおかしくなりました。
目つきがトロンとしてきて、急に大人しくなってしまうのです。
抱っこすると、そのままウトウトと眠ってしまうくらいでした。
普段寝ている時間でなくてもそうでしたので、私は薬の副作用を疑いました。

毎日眠くなってくるとボリボリ肌を掻いていた息子ですが、
薬を飲ませた時は、そこまで掻かなくなりました。
トロンとして、そのまま眠ってしまうからです。

掻く時間が減ったせいなのか、飲み薬の効果なのか、その両方なのか…
息子のアトピーは、薬を飲む前よりは良くなりました。
薬を飲むことで息子がよく眠れたのは確かでしょう。

ただやはり副作用のような症状は心配でした。
思い切って、薬を飲ませることを途中で止めた記憶があります。


【再受診】

それから一週間後、再び同じ病院の、同じ先生に診せに行きました。

先生「あぁ、だいぶキレイになってきましたね。」

確かに見た目は少し良くなっていました。
ただ私にとっての新しい問題は、飲み薬の副作用らしき症状のことです。
私は先生に、副作用らしきものを感じたことについて話しました。

結局、先生からは飲み薬をやめるようには言われませんでした。
窓口で受け取った処方箋には、再び セルテクトドライシロップ と記されていました。
そのとき初めて「また同じ薬を出されたんだ…。」と知りました。

副作用については「その程度なら問題ない」ということだったのでしょうか。
同じ薬を出されたということは… きっとそうなのでしょう。


(次に続きます。)

テーマ : アレルギー・アトピー
ジャンル : 育児

生後9ヶ月 薬と副作用 その2

(前回の続きです。)


【不自然さ】

自宅に戻ってからも、私は息子のアトピー症状が軽くなったことより
飲み薬の副作用のことのほうが頭から離れませんでした。

処方された薬は、セルテクトドライシロップ2% 1日2回×14日分です。

息子に飲ませると副作用が出るのかもしれない薬。
そんな薬が14日分 処方されたこと、
そして先生に「飲み薬は要らない」または「別の薬を出してほしい」と、
その場でハッキリ言うことが出来なかった自分に苛立ちました。

その後、息子に薬を飲ませしばらくすると、案の定 息子はトロンとなりました。
抱っこすると、私の肩に顔をあずけてきます。

「副作用の原因になる薬は抗生物質ではなく、こっちの薬なの…?」
2、3回飲ませてみて、やっぱり私は薬を息子に飲ませないことにしました。

トロンとしてしまう息子が心配なのはもちろんでしたが、
その状態になんとなく「不自然さ」を感じ、それに私が耐えられなかった…

副作用そのものよりも、薬を使う私の気持ちの問題だったのかもしれません。
ある面から見れば、息子はスヤスヤよく眠れて幸せなようにも見えたのですから。


【周囲の反応】

私の選択に対し、夫は「それでいいと思うよ。」と言って特に反対はしませんでした。

一方で私の母親にはだいぶ責められました。
以下、何度も何度も… 口に出されたセリフです。^^;

「薬を飲ませたから良くなったようなものなのに、なぜ勝手にやめてしまうの?」
「先生が大丈夫だと思ったから出した薬なのに、なぜ飲ませないの?」
「アンタの素人判断で」
「ネットばっかり見て」
「先生にもネットなんか信じられないって言われたんでしょう?」
「しなくていい思いをする孫がかわいそう」 

(カーチャンどんだけお医者さん好きなんだ! あ、そっちじゃないか。^^;)

私の前で誰かにこのことを伝えるときは、

「わざわざ〇〇〇○〇(←病院の通称)まで行ったのに」
「この子が勝手に薬を飲ませるのをやめたのよ」
「薬で一度良くなったのに、もったいない」

今でこそ笑って話せますが、当時はもう毎回イライラしっぱなしでした。
我慢しきれずブチキレてしまうことも。^^;

(オマケ)

この何年後か、息子のアトピーがすっかり良くなった頃~現在にかけての母セリフはといえば、

「〇〇〇○〇で貰った薬が効いたのよ~」

メンドクサイからそういうことでいいよもう… なんちゃって。orz
そうだ、きっと抗生物質のことを言っているんだ~ なるほど。えっ!?^^;


(話がちょっとズレてしまいましたが、また次に続きます。クリックありがとうございましたっ!)

テーマ : アレルギー・アトピー
ジャンル : 育児

生後9ヶ月 薬と副作用 その3

実は書き溜めしていたはずの記事… この「薬と副作用 その3」以降は、丸々書き直しをしました。^^;
一番の理由は、数日経って読み返してみた時しっくりこなかったからです。
書き直す前は薬のリスクとリターンに関する話を中心に書いていました。

今回も、自分に埋まっている過去の記憶や感覚を、できるだけ頭と心から掘り返して書き進めたつもりです。
だけどやっぱり書いているのは今の自分で…
正直 書きながら「う~ん、後付けっぽいなぁ」とか「言ってる割には最近出来てないじゃんかー」なんて
ツッコミ入れとくべきかと悩む部分もありました。orz


(以下、前回の続きです。)


【薬と私】

薬の効果、副作用、どちらも薬を使用することで体や心に変化を起こさせた結果であると、私は思います。

薬を使うときの「〇〇を〇〇状態にしたい」という気持ち。
それが薬を使う理由であり、薬に期待する効果でもあります。

それ以外の、薬を使う人が求めていない状態になってしまうこと。
それが副作用と呼ばれるものなのではないでしょうか。


それまでの私は、飲み薬の副作用については真面目に考えたことがありませんでした。

考えていたのは、病院で息子に処方された塗るステロイド(以下ステロイド外用剤)の副作用についてくらいです。
そして、ステロイド外用剤に関する副作用の「結果」に注目していました。
それはステロイド外用剤の副作用に関する情報や、それを使った人の話や考察のことです。

それらと息子のアトピーを比べてみて、考えてみて、選択すること。
この頃の私がやっていたことは、主にそういったことでした。


私は風邪をひいたとき頭が痛くなったときお腹が痛くなったとき… 
その状態を元の不自由のない状態に戻したいと思ったとき、よく薬を飲んでいました。
どれもドラッグストアで簡単に買えるような薬です。
箱も説明書も、内容を頭に入れることなく流し読みしていました。

そのような薬は、妊娠中には飲まず症状に耐えていましたが、
産院から処方された漢方薬や鉄剤は、何度も服用していました。
産後も痛み止めを数回服用した記憶があります。

たとえば風邪薬を飲んで眠たくなっても、「こんなもんでしょ」くらいにしか思いませんでした。
お酒を飲んで酔っぱらった、コーヒーを飲んで眠れなくなった、その程度の感覚です。

妊娠中に飲んでいた薬にも副作用はありましたが、「こ、こんなもんでしょ…」と思い我慢しました。
症状が軽くなっても副作用が辛いと感じたときは、続けて薬を飲まないこともありました。

自分自身が薬を服用して感じた副作用について、何かを調べるようなことも特にありませんでした。
これといった問題意識も持たず、副作用に注目していませんでした。
言いかえれば、その頃の私は薬の副作用に注目できていなかったのです。


【薬と息子と私】

そんな私が直面した、赤ちゃんに出された飲み薬の副作用。
ネットで薬の名前を検索して、息子の状態と比べてみて、・・・・・・。

「こんなもんでしょ」というわけにはいきませんでした。
だからこそ、息子に薬を飲ませるのをやめたのです。ただそれだけでした。
「こんなもんでしょ」では済ませたくない…
息子のおかげで、私の何かが切変わった瞬間でした。


【距離】

とはいえ、結局また「ふりだし」に戻ってしまった気さえしていました。
病院を変えても、先生を変えても、納得のいく対処法の見付からない息子のアトピー。

薬の効果は欲しい… だけど副作用は欲しくない…
飲み薬をやめて、ステロイドも塗らず、亜鉛化軟膏も中途半端に塗る日々。
息子の肌は良くなったり悪くなったり。

このまま何年も治らないのでは… 同じようなことをグルグル考えていました。
産後ずっと続く睡眠不足が特に辛かったです。
疲れがピークに達した時にはズンと落ち込むことが多かったです。


(すみません、もうちょっとだけ続きます。)

テーマ : アレルギー・アトピー
ジャンル : 育児

生後9ヶ月 薬と副作用 その4

バランス、バランス…。う~ん。
薬の効果と副作用も、両方セット。
世の中にある制限と選択の自由も、両方セット。

バランスを取ろうとする力の正体。
それを見極めれば、自分にとって最適な選択肢が現われるような気がするなぁ。

バランスそのものには本当は良いも悪いも無くて…
良い悪いは、その「バランスを取ろうとする力」を受け取る側が決める価値なのかも。

そう考えてみると「バランスがいい」「バランスが悪い」っていう概念だって
誰かの作りモノである可能性だって充分にあるわけで…
誰が作った価値なのかジトーっと見つめてみると… えっ… そんなバカな!? ^^;


(↑またまた意味不明な一人芝居、失礼しました。以下、前回の続きです。)


【脱出】

浮き沈みを繰り返す日々。
そんな中、私の心にいくつかの問いかけが浮かぶようになりました。

「息子を病院に連れて行ったのは何故?」

「病院に行ってから今日までに学んだことは何?」

「何か大切なものを見失っていないだろうか?」

 今日までに何が変わり、何が変わっていないのか。
 息子、息子のアトピー、私の在りかたは…?
 どうあるべきなのか。どうなりたいのか。どうしたいのか。

 病院に行く前に、薬を飲む前に、できること、続けられること。
 病院に連れて行く前に、薬を飲ませる前に、やっておくこと。
 「不自然さ」を感じることなく、イメージ通りに変化していけそうなもの。
 気持ちが前向きになれて、希望を持って取り組めそうなもの。


それらを、もっと探求してみようと思ったのです。
それまでの私に比べ、「注目」できる範囲が広がったのかもしれません。


 副作用という結果に辿り着く前は、薬を使う前は、病院に行く前は…?
 アレルギー体質のせいでもなく、遺伝のせいでもなく。
 そこには「何」かが存在している。まだ未知の何かが残っている。

 気になったことは見過ごさずに見直してみる。
 理解しようとする姿勢を維持する。
 自分に出来ることを探す。それを実際にやってみる。

 恐怖、葛藤、混乱… 自分にとっての居心地は、どうなのだろうか?
 そこに慣れる前に、今一度ここから振り返ってみよう。

 知らない何かを探し続けるために。
 視点を切変えてみよう。場を切変えてみよう。気持ちを切変えてみよう。


「スタート地点」に戻ってやり直し… なのではなく、「折り返し地点」に辿り着いた…
私は、そう気が付いたのでした。


【あとがき】

肝心の【脱出】が抽象的な文章になってしまって申し訳ないのですが、イメージ的な一言で表すと

 『なんだか急に目が覚めた』

になります。なんとなく伝わりますでしょうか。^^;

キッカケがあったのかもしれないのですが、それについては特に憶えていることもなくて。
息子の成長だったような、誰かの一言だったような、偶然目にした何かだったような…??
曖昧ですみません。きっと全部です。orz

「薬と副作用」は一度ここで区切らせていただいて、
次回からタイトルを変えて続きを書いていきたいと思います。

読んでくださったかた、ありがとうございました!

テーマ : アレルギー・アトピー
ジャンル : 育児

最新記事
カテゴリ
ブログランキング

わらん

Author:わらん
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
  

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。