スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離乳食のこと 初期

訪問ありがとうございます。わらんです。

離乳食について、今 覚えていることだけでも書きとめようと思います。
完璧にはほど遠い進めっぷりでしたので、
「わらんチはこうだった」と眺めていただけたら嬉しいです。^^;

逆に、私と似たような離乳食の進めかたをしていたり、
またはどうしようかと悩んでいるお母さん達には、
こんな風に離乳食をあげていっても何とかなったよ~! なパターンもあるんだな というように
感じていただけたらなと思います。^^


【離乳食 初期】

離乳食の初期は、確か血液検査を済ませてからマニュアル通りに進めていった気がしますし、
息子もそこそこ食べていたはずです。

最初の頃は気合いを入れて手作りしていたのですが、
そのうち離乳食を作る時間があったら休みたいというか、ぶっちゃけ面倒というか、
なんとか手抜きできないものだろうかと考えはじめたのですね。
アトピー育児に疲れきっていたんだと思います。

そこで使い始めたのが、インスタントやレトルトのベビー食品でした。
主にお湯でふやかして作るフレークタイプの離乳食で、
これには本当にお世話になりました。^^;

その頃の私は、そういった市販のベビー食品を与えることに抵抗感や罪悪感はなく、
とにかく楽をしたいという気持ちが強かったものですから…。

ご飯(おかゆ)ものはそうでもなかったのですが、
塩気のあるものような おかずものを食べさせたときなどに、口の周りが赤くなりました。
そのたびにガーゼで拭いていたのを覚えています。

手作り離乳食を与えるときのみ、
血液検査の結果のこともあったので、牛乳と卵はなんとなく避けていました。
ベビーフードの中には入っているものもあったはずなのですが、
私は「少しくらいなら与えても大丈夫だろう」とあまり深くは考えていませんでした。
「この子はアトピーだけど重度の食物アレルギーではなさそうだ」と感じていたからです。

そう感じていた理由のひとつが母乳でした。
私には母乳をあげて息子のアトピーが悪化するといった実感がいまひとつなかったため、
食物アレルギーについては血液検査が出た時点で甘く見ていたところがあります。

当時同居していた実家の母の
「なんでも食べさせなきゃ好き嫌いが増えるだけよ?」の言葉に押されてしまっていたのもあります。
一応、子育て経験者からのアドバイスですからね。^^;

まとめると、ウチは『離乳食の初期はベビー食品に頼りきっていた』ということになります。
まだまだ母乳とミルクを与えるつもりでいましたから、
無理せず少しずつ食べさせて、食べなかったら食べなかったで後回しにしようと考えていました。

今、離乳食についても調べれば調べるほどに情報が得られるかと思いますが、
あまり無理をせず休めるときには休んでくださいね。
少しでも参考になればいいのですが…。^^;

ではまた!
スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー
ジャンル : 育児

離乳食のこと 中期

離乳食の中期について、思い出しながら書いていきます。
ついでに ベビー食品 を ベビーフード と書き直しつつ…。 orz

過去記事を読み返したところ、 離乳食は6ヶ月頃から与えていた ようなので、
こちらは8ヶ月~9ヶ月頃の出来事として読んでみてくださいね。

【ベビーフードと手作り】
中期も初期のようにベビーフードに頼っていましたが、
手作り離乳食を少しずつ冷凍して作りおきするという技(?)を活用するようにしていました。
「食材の香り」とか「酵素」とか、そういったものがベビーフードでは補えないような気がしたのと、
ベビーフードは単純にお金がかかるな~ と思ったからです。^^;
なるべく ベビーフード + 自分で作った具 で混ぜるようにしていました。

私もまだまだ慢性的な寝不足状態でしたので、冷凍作業は自分の余力があるときのみ やるようにしていました。
週に1~2回、1~2種類できれば上出来。
何もできない週もありました。
お米のほかに与えていた食材は、ワカメ、シラス、玉葱、トマト、人参、ブロッコリー などです。
和風だしは、ほとんどベビーフード(お湯で溶かす粉末状のもの)を使っていました。

【食物アレルギー?】
食物アレルギーらしき反応は無かったとは言い切れず、
すぐに口の周りが赤くなるもの、少し時間が経ってから顔や体が赤くなるもの、
どちらの反応もあった気がします。
後になって食物アレルギーには「即時型」と「遅延型」があると知り、
今思えばもしかして… といったところです。

食事の後に痒そうにしていても、アトピーのせいなのか、食べ物のせいなのか、
はたまた食べて体が温かくなり眠くなったせいなのか、
私には判断がつきませんでした。

【授乳とミルク】
母乳とミルクは相変わらずあげていて、断乳のこともまだ考えていませんでした。
夜中、子供が痒みで起きてしまうのも相変わらず続いていましたので、
起きたらなだめて授乳してウトウトさせる…
オッパイがあれば私は寝られるんだ! …そう信じて疑わなかったのですね。^^;
ただ、やはり母乳があまり出なくなってきていて、ミルクの量が自然と増えていきました。

【夜】
寝付かせた後も、まだまだ3~4時間おきには起きていた気がします。
グズるだけで夜泣きほどではなかったのがまだ救いでした。

あまり覚えていなくてすみません。orz

テーマ : アレルギー・アトピー
ジャンル : 育児

最新記事
カテゴリ
ブログランキング

わらん

Author:わらん
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
  

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。